賃貸料が月収の3分の1以下がポイント

賃貸住宅を選ぶ時は賃貸料に注目

賃貸住宅を選ぶ時には、賃貸料に注目してなるべく自分の月収の3分の1の物件を選択します。賃貸住宅の入居審査では、契約者の月収が重要な審査項目になっておりもし賃貸料と比較して契約者の月収が低いと判断されると、審査をクリアできない可能性が高いです。基本的に、賃貸料が月収の3分の1以下だと収入の基準をクリアできる場合が多いので、この基準を意識しながら物件を選ぶようにしましょう。そこで、賃貸住宅を探す場合は、まず自分の月収を確認します。

もちろん、月収だけで判断されるわけではないですがこの月収の基準をクリアできれば他の要素が少し弱くても審査において有利に立てます。賃貸料をあまり気にせず物件を選び、入居審査に挑んでしまうと入居審査に落ちてしまう可能性が高くなるので注意しましょう。

月収の基準がクリアできない場合の対処

賃貸住宅を選ぶ時には、自分の月収によって大きく左右されるので自分自身の月収が低いと住みたい物件を見つけてもあきらめてしまう事があります。しかし、賃貸料が月収の3分の1以上の場合でも入居審査にクリアできるパターンもあります。それが、保証人の給料が高く収入に安定感がある場合です。入居審査では、保証人を準備しなければいけない事が多いですが不動産屋から高い評価をもらえる人を保証人にしたら自分の月収の基準がクリアできていなくても審査に通る場合があります。

つまり、審査が通るのか微妙な人は慎重に保証人を選ぶようにしましょう。また、半年間や1年間の賃貸料を前払いする事を提案すると審査に有利になる場合もあります。このように、月収の基準がクリアできない時でもいくつか対処方法があります。