雇用形態が正社員の方が優遇される

賃貸物件を借りやすい正社員

手軽な料金で借りられる賃貸物件ですが、実際に利用する場合は最初に入居審査を受けます。不動産を持っているオーナーが行う場合もありますが、仲介している不動産屋がするケースもあります。入居審査では収入などをチェックされますけど、正社員だと評価されやすいです。安定した収入を得られる正社員は、家賃未払いの問題が起こりづらく入居審査に通る可能性が高いです。特に公務員や大企業の社員など安定した仕事をしている方は、オーナーから評価を得やすく好条件で物件を借りられるケースがあります。また正社員は賃貸物件を借りやすいですが、借金があると入居審査で評価が下がります。保証人の有無によっても審査の通りやすさが変わるので、十分に準備をしてから手続きをするべきでしょう。

賃貸物件を借りるときのコツ

正社員なら賃貸物件の入居審査に通りやすいですが、非正規社員だと通る可能性が低くなります。賃貸物件を非正規社員が借りたい場合は、保証人を用意すると上手く行く場合が多いです。信頼できる保証人がいれば本人の仕事が不安定でも、オーナーは入居を認めてくれる場合があります。保証人は家賃の支払いができなくなった時に代わりに支払う義務があるため、そのような方がいれば入居審査に通りやすくなります。また正社員は入居審査に通りやすいですが、収入が低いと落ちてしまうことがあります。不動産を借りる場合は自分の収入に合ったところを選ぶと、問題なく利用できるケースが多いです。一般的には月収の三割くらいの家賃の部屋を選べば、支払いで問題が起こりづらいといわれます。